大会・セミナーなど

大会・セミナーなど

全国大会

第13回全国大会
開催日 2018年8月24日(金)〜26日(日)
会場 大阪府立大学

参加申込、過去の全国大会等、詳細はこちら



プライムセミナー

第26回プライムセミナー
話題 利用者の環境適応を考慮した暑熱環境対策
話題提供者 中野淳太 准教授 (東海大学工学部建築学科)
開催日程 2018年4月21日 (土曜日) 15:30~17:30 (15:00開場)
概要 人は、自分を環境に適応させようとするポテンシャルを持っています。屋外では、暑ければ袖をまくる・うちわで扇ぐなどし、寒ければ上着を着る・日向を探すなどの行動を自然にとっています。各自は無意識に行動しているようでも、調査をすると環境条件に対する法則性が見られます。また、自分の意思で調節できる方が環境に対する満足度が高まるという心理的な効果も見られます。重要なのは、無意識に適応しやすい状況を用意することです。個々には弱い技術であっても、利用者の環境適応に適した組み合わせで効果的な暑熱環境対策が可能になります。

参加申込、過去のプライムセミナー等、詳細はこちら



エキスパートセミナー

第6回エキスパートセミナー
テーマ 住宅地のパッシブデザインと熱環境対策
開催日程 2017年10月21日 (土) 13:00〜16:40
概要  わが国のほとんどの地域が温暖な気候下にあり、夏季には蒸暑となることから、住宅のパッシブデザインを考える際には、建物の性能向上や付帯設備との効果的な連係を図る必要があり、それとともに屋外の熱環境への配慮が重要となります。そこで、実際の住宅設計や住宅地開発において、住民の快適性、利便性、健康性の向上、省エネルギーの達成、コミュニティ形成といった住環境としての基本的な機能を維持しつつ、いかに屋外の熱環境対策を行うかが総合的な観点から求められています。
 今回の講師は、それら研究に組織的に取り組まれている首都大学東京都市環境科学研究科建築学域の須永教授と熊倉助教に、ST府中の現在の取り組み状況や居住者の意識調査結果、植物が生活環境に及ぼす影響などについて、ご講演いただきます。次いで、実際の施工事例として開発後の街の温熱環境や住民意識の変遷について、熊谷エムスマートシティの事例をミサワホーム総合研究所環境エネルギーセンター環境創造研究室 平山研究員にご講演をいただきます。

参加申込、詳細はこちら



総会

2018年度総会・特別講演会
開催日 2018年5月19日(土)
会場 港勤労福祉会館:第一洋室

参加申込、過去の総会等、詳細はこちら



他関連イベント

NPO法人 もったいない学会シンポジウム「熱エネルギーをMOTTAINAIの視点から考える」
開催日 2018年6月26日(火)
場所 東京都港区浜松町1-1-9三恵ビル4階 貸し会議室
詳細 NPO法人 もったいない学会シンポジウム HP

過去の関連イベント一覧はこちら



過去に開かれたセミナー

イブニングセミナー
第21回を持ちまして終了しました。

戻る|このページの上に戻る